What is Aomori Brand?

青森の「価値」

青森県には、自然や歴史・文化、県産品や産業・技術、国内外で活躍する人財など、さまざまな地域資源があります。これらの資源が生み出す「価値」が、私たち青森県民の生活を支えてきました。

このような資源が持つ「価値」は、複数を組み合わせたり、さらに磨き上げたりすることで、1+1=2以上となる可能性を秘めています。また、今まで気づかなかった新たな資源も、まだまだあるかもしれません。

青森にしかない、青森らしい、青森発祥の、そして青森が他の地域に先んじている、様々な資源の「価値」。

このような「価値」が集まって形づくる「価値の総体」が、「青森ブランド」なのです。

Basic Concept

Aomori Prefecture has various local resources such as nature, history, cultures, local products, industries, technologies and even people who are active both inside and outside of Japan. The “value” of these resources have supported Aomori people’s livelihood. Each “value” can be enhanced by mixing-and-matching or by refinement. There may be more new resources we haven’t found yet. “Aomori Brand” is the total value, gathering the “value” of various resources which only Aomori can offer, which is so like Aomori, which originates from Aomori, and is more advanced than other regions.

青森ブランドがめざす地域の姿

私たちがめざす「青森ブランド」が確立したといえる状態になったとき、青森県民にとって、また、国内外の人々にとって、青森県はどのような県として映っているでしょうか。

  • 買ってよし・・・ビジネス対象としての価値が確立(産品の購入や企業進出、投資の対象としての地域の価値)
  • 訪れてよし・・・観光・交流対象としての価値が確立(観光や交流、滞在の対象としての地域の価値)
  • 住んでよし・・・生活対象としての価値が確立(そこで暮らし、生活する対象としての地域の価値)

このような3種類の価値を備え、日本国内のみならず世界中から高く評価されたとき、青森県は「買ってよし、訪れてよし、住んでよし」の地域として、高いブランド力を獲得することになります。

「世界が認める『青森ブランド』」の実現に向けて、青森県内に住んでいる人はもちろん、青森県にゆかりのある人、青森県が好きな人など、青森に関わるさまざまな人々の力を合わせて、青森から世界に発信していきたいと考えています。

Aomori Brand’s Regional Status Goal

How will Aomori Prefecture be perceived by Aomori residents and people all over the world, when “Aomori Brand” is recognized successfully?

  • Good place to buy…establish the value in business (the region’s value for purchasing products, for business expansion and as investment destination)
  • Good place to visit…establish the value on tourism and exchange(the region’s value on tourism, for exchange and for visiting)
  • Good place to live…establish the value for daily living(the region’s value as the place to live in)

Aomori Prefecture will build a powerful brand as the region of “good to buy, good to visit and good to live”, when being highly regarded from all over the world by having these 3 kinds of value.

We aim to promote from Aomori to the world by working together with people in Aomori and also with people who are connected to Aomori, making “Aomori Brand” recognized globally.

青森ブランド推進委員会

(※五十音順)

  • 金入健雄
    (KANEIRI Takeo 株式会社金入代表取締役社長)
  • 工藤貴博
    (KUDO Takahiro 青森銀行地域振興部長)
  • 笹森通彰
    (SASAMORI Michiaki オステリアエノテカ ダ・サスィーノ オーナー)
  • 志村和臣
    (SHIMURA Kazuomi 株式会社JR東日本商業開発取締役営業部長)
  • 千葉玲子
    (CHIBA Reiko あおもりデザイン協会理事)
  • 長岡俊成
    (NAGAOKA Shunjo 曹洞宗円祥山大安寺副住職 イカす大畑カダル団代表)
  • 西谷雷佐
    (NISHIYA Raisuke たびすけ合同会社西谷 代表)
  • 藤浩志
    (FUJI Hiroshi 美術作家、秋田公立美術大学教授)
  • 藤澤貴之
    (FUJISAWA Takayuki みちのく銀行常務執行役員営業本部長)
  • 藤代典子
    (FUJISHIRO Noriko 青森100年ブランド事務所ブランド・プロデューサー)

Committee for the Promotion of Aomori Brand

(*The syllabary order)

  • Takeo Kaneiri
    President of Kaneiri Co., LTD.
  • Takahiro Kudo
    General Manager Regional Development Division, The Aomori Bank, LTD.
  • Michiaki Sasamori
    Owner of OSTERIA ENOTECA DA SASINO
  • Kazuomi Shimura
    Sales Manager of Commercial Development Department, East Japan Railway Company
  • Reiko Chiba
    Director of Aomori Design Association
  • Shunjo Nagaoka
    Deputy Head Priest of Enshozan Daianji(Soto sect), Head of Ikasu Ohata Kadaru Group
  • Raisuke Nishiya 
    President of Tabisuke Limited Liability Company
  • Hiroshi Fuji 
    Artist, Akita University of Art Professor
  • Takayuki Fujisawa
    Executive Officer General Manager,Sales Headquarters and Sales Strategy Division, The Michinoku Bank, LTD.
  • Noriko Fujishiro 
    Brand Producer of Aomori 100-Year Brand Office
Back to top of page